64bit環境のUbuntu FeistyでJDをビルド

Feistyの日本語ローカライズ版が出ました。しかしAMD64への対応はもうちょっとかかるみたいなので、気が短い私はリリースまでの間JD(2ちゃんねるブラウザ)を自前でビルドして使おうと思います。

アンインストールも手軽に出来るようにdebパッケージ化までしてみます。

必要なパッケージをインストール

まずdebパッケージを作成するのに必要なツールをインスコします。(余計なものまで入れたかも…

$ sudo apt-get install autoconf automake libtool libc6-dev dpkg-dev gpc fakeroot debhelper lintian devscripts g++ dh-make g77

次にJDのビルドに必要なライブラリを入れておきます。

$ sudo apt-get install libgtkmm-2.4-dev zlib1g-dev libssl-dev

パッケージ化

最新のソースをダウンロードしてきて適当なディレクトリに解凍します。

$ mkdir /tmp/deb
$ cd /tmp/deb
$ wget http://keihanna.dl.sourceforge.jp/jd4linux/24814/jd-1.8.8-070403.tgz
$ tar zxvf jd-1.8.8-070403.tgz
$ cd jd-1.8.8-070403

autoreconfを実行します。

$ autoreconf -i

パッケージの基本情報ファイルを作る

$ dh_make -e clavice@dotted.jp -s -f ../jd-1.8.8-070403.tgz

個人用なので何も変更せずこのままパッケージ化

$ dpkg-buildpackage -rfakeroot

ビルドが終わるとひとつ上の階層(ここでは/tmp/deb)にパッケージが出来上がっています。

インストール

出来上がったパッケージ jd-1.8.8_070403-1_amd64.deb をダブルクリックしてインストール出来ます。

起動方法は、

$ jd

です。かなりやっつけですがこれでJDが使えるようになります。