さくらのVPS(Ubuntu 10.04)にRed5を入れたときのメモ

とある事情でさくらのVPSにRed5(ストリーミングサーバ)を入れたので、その時のメモをブログに残しておきます。なお、さくらのVPSで動かしているOSはUbuntu 10.04です。

※ Red5とはRTMPを使ったオープンソースのストリーミングサーバですが、詳しい説明は割愛します。

Red5はSun Javaで動かした方が良いらしいので、まずsun-java6をインストールします。

sudo apt-get install python-software-properties
sudo add-apt-repository 'deb http://archive.canonical.com/ lucid partner'
sudo apt-get update
sudo apt-get install sun-java6-jre sun-java6-jdk ant java-common java-package

Subversionをインストールします。

sudo apt-get install subversion

Red5のソースをSubversionでチェックアウトしてきます。

cd /usr/localbin # Red5を入れるディレクトリを指定(お好きな場所に)
sudo svn co http://red5.googlecode.com/svn/java/server/trunk red5

Red5をビルドします。

cd ./red5
sudo ant prepare
sudo ant dist

Red5を起動。

cd ./dist
sudo nohup sh red5.sh &

http://hostname:5080/ にアクセスして Red5 の画面が出てれば起動成功です。